読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時期迫る!机を選ぶ瞬間!

作業机改装計画

f:id:pepice:20161005152127p:plain

MOBILESTUDIO PRO で感極まってブログを書き連ねたら外部からのアクセス数がガン伸びしてて大変申し訳ない気持ちでした。あーでもないこーでもないと書き連ねる便所の落書きなので、有益な情報はひとつもありません。ごめんなさい。

まだ据え置きタイプの新Cintiqは発表されていないので空回りに終わる可能性が無きにしも非ずなんですが、このまま順調に15型が発表されたら液タブはそれになると思うので、「液晶2台と液タブ1台を置く」という前提で、ワークデスクを再度検討してみました。

---
まだ15型液タブのサイズは分からないですが、現在販売されている法人向け15型モデルで考えると大体外寸がA3サイズ相当(約297mm×420mm)で、コピー紙で作ってみたらこれが意外に思っていたより大きい。13型でも手前に置いてしまうとキーボードに手を伸ばすには邪魔な大きさだったので、15型にするならキーボード併用は難しそうだと感じる。また、使用しない時の液タブ置き場を考えると、机の上には出来るだけスペースが欲しい。そうなると天板に一目惚れした幅120cmでは心もとなく、幅140cmで選びたい欲が強くなる。

なので改めて「幅140cm 黒 デスク」で探してみる事にしましたが、これがなかなか世の中に無い。そもそも幅140cmの黒色デスク自体が少なく、天板素材が木目じゃない物で探してるので現状希望に沿うものが存在しない。

そんな中で新たに気になったのが、サンワサプライのワークデスク。

例に漏れずこちらも残念ながら黒色は幅120cmまでしかないのですが、フチにフレームのないリーンホースメント構造というあれやそれのおかげでアームの取り付けが可能なんだとか。黒色がないのだけが本当に悔やまれるけど、最悪デスクマットで何とかなるかなー?ていうかそんな事言い出したら木目天板でもマット敷けば良いじゃん?って堂々巡りなんですけども、アームはやっぱり魅力的。アームを駆使すれば幅120cmでも狭さを感じないで済むのかもしれない?どうだろう?

あとついでに、この記事を書きながら「これぐらい広い机が良いなー!」と職場机のサイズを測ってみたら、なんと驚愕の幅120cm×奥行60cm×高さ72cmの代表的なワークデスクサイズでした。ビックリ。これ私が欲しがってる机と一緒じゃないですか、灯台下暗し過ぎてびびる。

試しに職場ノートPCとコピー紙で作った模擬15型を縦に並べてみると奥行き的に問題は無かったし、横も半分近く余裕ある。液晶2台並べるのも余裕だと思う。足元キャビネットがちょっと狭いかもしれないけど職場のがちょっと大型なので、小型の物を買えば全然余裕っぽい…???どっちかと言うと全く意識してなかった高さが思ってたより低く感じたぐらいかな。商品画像だともっと手狭そうに見えるんだけど、本を並べて置くようなスペースが欲しいって思うと少し狭いぐらいで、作業スペースだけなら不満に思うような狭さでは無さそう。

Amazonのレビューを見ると、黒天板は汚れやホコリがかなり目立つのとキズが付き易いらしいのでマット購入は必須ぽい。まあそれなら幅140cmの白でも良いかなー?ぐらいに簡単に気持ちが揺れているわけですが、まさかの超展開によって机が決まりそうです。