読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腰痛持ち作業用椅子を探す

作業机改装計画

作業机とパソコンも大方固まったので、残すところは『椅子』です。

絵描き関係のまとめで「椅子にはお金を掛けろ」なんて意見を前から見ていたので、あんまりケチらないでいこう…!と決めていたものの、探していたのはニトリのPCデスク売り場の椅子。

2つの背もたれが包み込む 肘付きワークチェア(デュオレ ハイ)
ワークチェア(グラス BK)

デュオレハイは、背を預けると背もたれが腰にフィットして『支えてくれる感』があり、腰痛持ちとしてはとても心強い、感動的。
グラスは、すっぽり包み込むような座り心地がとても良かった。

ただ、デュオレハイは「壊れやすい」とか「ギシギシ音がする」とか「背骨が痛くなる」なんて意見もあったりで、第一候補に決まったのも速かったけど、候補から外れるのも一瞬。次点のグラスにほぼほぼ心が決まっていたものの、ニトリでは白と茶色の展示しかなくて、後にネットで黒があると知ったけど、これがまあ、正直可愛くない。

白色を見たときの『見た目の可愛さ』から入ったので、黒色の微妙なこと。白色は汚れが酷くてアイボリーになりかけていたので白色の購入は考えて無かったんだけど…それにしても可愛くない…。

---
…とまあ、そんな感じが長い長い前置きで
これをキッカケに色々と椅子について調べてみました。

f:id:pepice:20161026015210p:plain

まあ、まず、この手の「オフィスチェア」「ワークチェア」について調べると真っ先に出てくるのがHerman Millerのアーロンチェア
オプションなんかによってバラつくけど15万-20万円帯の高級椅子。

オフィスチェアを探そうと思うと避けて通れない、まず間違いなく出てくる『高級チェアといえばこれ!』の存在なので、低予算で良い椅子を探す身分としては、素人の椅子選びでこんな高い椅子買えるわけないだろ!手が届く範囲で良い椅子を教えてくれって言ってるんだよいい加減にしろ!と言いたくなる存在。

海外製品なのでサイズが少し大きめ?
ABCの3サイズ展開で、知らないで購入してしまったのか本当に合わないのか、女性だとサイズが合わないなんて意見も珍しくなかった。あと、ケチってライト版を買うと『前傾チルト』が無かったりもする。

f:id:pepice:20161026020329p:plainf:id:pepice:20161026020344p:plain
仮に同じHerman Millerなら『セイルチェア』とか『セラチェア』の方が、個人的に好みかなーっていう。見た目だけの話。

なんにせよ高い。

しかし、これのおかげで『前傾チルト』や『後傾姿勢』など、高い椅子に違いがあることを知ったので、これを頭に入れて再びニトリへ試座。
背もたれに背中を預けると違いはあったが、前傾姿勢ではどれも同じ。前傾チルト機能がある椅子に座れていないので違いは分からないけども、極端な話、前かがみの姿勢で背もたれを使わない場合は、どれに座ろうが違いは無かった。

椅子選びの中で『3万円まではどの椅子でも同じ』と言われていたのを思い出したけど、本当にそれ。背もたれを使わない座り方なら正直全く変わらない。

違いが出てくるのは5万円ぐらいから
10万を超えるぐらいからは椅子との相性が大事

なんて言葉を見たような見てないようなですが、前傾チルト機能が付き始めるのが確かに5万円ぐらいからなので、間違っていない気もする。
元々予算3万円ぐらいで考えていたので、「あ、これ少し足したらギリギリ足りるんじゃ…?」なんて思ってしまったのが間違いで、アーロンの半額くらいじゃん?って一見安く済んでるように思えてしまうから怖い。

椅子に5万円ですよ、十分高い出費。
しかし、わたしの性格上、この手の情報を集めだすと止められない。
もう『前傾チルト』が気になって仕方ない。

--- 次回へ続く