ビックリ仰天PCデスクが大体決まる

f:id:pepice:20180107142509p:plain

前回ちらっと書いたPCデスクの続報。

『口に出して「好き」って言っちゃうと意識しちゃう』みたいな、なんかそんなあれこれで急激に机欲しい欲が高まって参りました。


岡村リントは流石に値段が値段なので諦めがつきましたが、
現在の候補はこんな感じです。

f:id:pepice:20180107143307j:plain

左から、GarageデスクNS、FantoniGX上下昇降脚、GarageデスクSHです。
全て『プラス株式会社』のPCデスク。


デスクNSスタンダードが現在第一候補で、元々はPC周りをブラック、本棚なんかもコゲ茶で統一してたので濃木×黒で考えてましたが、白×黒のツートンが可愛いこと可愛いこと…!!!!!!!
脚のフレームが黒色というのもポイントが高いです!!

そして似た理由でツートンカラー且つ、値段も安価、そして耐荷量100kgという安心設計からデスクSHも捨てがたい候補です。

FantoniGXは、他2つと違い、PCデスクのおすすめ定番としてよく出ていて評判も良く、レビューも多いので情報の集めやすい机。
特に上下昇降脚はサイズ調整が効くという点で評価が高いようです。


机のサイズ調整って必要なん?とか思ってましたが、人間工学において『机の高さにも適正がある』んだそうで、大体身長155cmだと最適な座面高が35~38cm、最適な机の高さは60cm~65cmなんだそうです。
で、机の高さって大体男性身長に合わせてあるみたいなので、日本人平均だと高さ70cm、外国サイズだと72cmが多いみたい。

ただこれはイスの高さによって机の高さも変わってくるので、今検討しているオカムラの『シルフィー』の場合ですと、座面高が42cm~52cmなので、最適な机の高さは大体67cm~72cmかな???(計算はできない)

という事で、第一候補のデスクNSだと高さ72cmの為、若干高いかもな~っていう不安があります。それに対してFantoniGX上下昇降脚であれば62cm~調整が出来るようなのでその辺はやはり魅力ですね。


ただまあ、FantoniGXの場合、拡張オプションが多いのも魅力ではありますが、肝心のツートンカラーが無いのと、奥行き70cm、そして値段がベラボーに高いという点から候補には入っていますが、他2点から突き抜けた魅力が無いので、これになる事はよっぽどないかなーって思います。(なら何故入れた)

そしてデスクSHも奥行き70cmなので、3畳ほどの部屋で60cmでも若干ギリギリなのに…というところなのでやはりネックになる部分です。
足元にPCを置く予定なので、PCの目隠しになりそうな脚は結構好きではありますが、コードどうしようかな…って思う構造でもあります。

 

 試しに配置予想図作ってみた。

f:id:pepice:20180107142056p:plainf:id:pepice:20180107142100p:plain

f:id:pepice:20180107142106p:plainf:id:pepice:20180107142111p:plain

f:id:pepice:20180107142115p:plainf:id:pepice:20180107142120p:plain
サイズ感超絶適当ですが笑

イス単体だと黒生地×白フレームが可愛いなーと思っていたのですが、机と並べると黒×黒のほうが可愛いような…?というか単純に黒フレーム格好良くない??

布地カラーは色々あるので折角ならビタミンカラーを!と思っていましたが、落ち着いた色味にするならやっぱり黒かなー?
上の方で「ツートンカラー最高!!!!」とか言ってましたが、いざ並べてみると濃木×黒のデスクと黒×黒イスの組み合わせが一番良いかも…。